ホタル 71

平成29年3月1日(水)
 国会での相次ぐ民進(民主)党のブーメラン質問はバカ丸出しで笑うしかない。
 自民党は「一度だけでも民主党に政権を取らせておいてよかった」と胸をなでおろしているのではないだろうか。

 妻と娘が言った。「森友学園の教育方針は少し行き過ぎたところもあるけど、インターナショナルみたいなキリスト教系や仏教系の学校では普通にある光景でしょう。その学校が嫌なら行かなければよいだけなのにね」

 確かにその通り。ミッションスクールの方が数段に実態は偏っている。なにがアーメンだと言いたい。
 これまで幼少期から反日自虐を教え込んできた日教組教育に対しては一切批判をしてこなかったメディアなのに、というかメディアが一緒になって反日自虐を洗脳させてきた事の方が罪は大きいと思う。
 幼稚園児に安保法制を語らせるのは如何なものかと思う。森友学園はダメだが、露骨に日本を愛する教育方針の学校があったならば私の子供たちは喜んで通わせたいと思う。

平成29年3月2日(木)
 昨日は末娘の高校卒業式。ようやく肩の荷が下りた。娘にとっては良い先生と最高のクラスメイトに恵まれて充実した3年間だったと思う。
 卒業式は体育館で震えるほど寒い中、平凡なものだったが、式典終了後に子供たちがクラスごとに保護者の前に整列して「18年間ありがとうございました」とお礼の言葉を言ったときにはジ~ンときた。妻は涙で写真も撮れない状態。

 教室に戻って必死に涙をこらえている担任の先生と子供たちの掛け合いを見ていると本当に良いクラスだったのだろうと思えた。そんな様子を見て妻はまたもや涙。女優って大変だ。
 私は今は亡き両親を想いながら親心を考えた。孫の晴れ姿を2人にも見せたかったなぁ~。

平成29年3月3日(金)
 両陛下がベトナムを訪問されて旧日本軍人の遺族と面会をされた。両陛下の慈愛に満ちた言動は遺族と両国にとって少しは積年を晴らせたのではなかろうか。

 それにしても、戦後のベトナム政府による日本人家族に対する非人道的行為(家族の強制分断)に恨み節を言うでもなく、想像を絶する苦難を乗り越えながら90歳を超えた日本人残留遺族の穏やかなのに毅然とした態度と言葉の重みには頭が下がる。
 例えるのも不謹慎だが、自称:慰安婦を名乗るヒステリックな売春婦とは雲泥の差である。

 人類みな平等?同じ人間だから同じ価値観を持っている?謝罪をしてお金を渡せば解決する?同じ人間だから話せば分かり合えるってか?
 残念だが、やっぱり日本人と朝鮮人では「人間性が違う」ことを痛感させられた。

平成29年3月6日(月)
 今月のお勧め本は「なぜ私は韓国に勝てたか」(加藤達也著書:産経新聞出版) である。
 加藤達也氏は韓国でのセウォル号沈没事件の際、朴大統領による空白の7時間?誰と会っていたのかを記事にしたことが大統領の名誉を棄損するとして、韓国側から犯罪者のように扱われて半年間も帰国を許されなかった産経新聞記者である。

 この本で初めて韓国側から問題とされた彼の記事全文を筆者も読んだわけだが、どこが名誉棄損にあたるのか?外国人(日本人)記者の身柄拘束までして韓国政府が名誉棄損を訴える意味が分からない。

 最終的には国際社会からの批判に耐えられなくなった韓国側が折れて「無罪」判決を勝ち取ったわけだが、裁判過程での幼くもデタラメな韓国政府の主張が克明に記載されている。
 「真実は小説より奇なり」マレーシア政府に対する北朝鮮の対応も然り、自分たちの見栄を張るためにはどんな嘘でも押し通そうとする『朝鮮人の正体』がここにある。

平成29年3月7日(火)
 沖縄県の身勝手な箱物建設のために翁長知事が政府に財政支援を求めている。あれだけ国や政府に横柄なことを言っておきながら金だけはくれと言う神経には呆れる。

 沖縄県の一般会計予算は8,000億円弱。対する我が熊本県の一般会計予算は3,000億円程度沖縄県はこれ以上何を政府(国民)に求めると言うのか?
 米軍基地への対価としての優遇予算であるにしても、国内都道府県が犠牲になって予算が切り詰められうえに沖縄県への優遇措置が成立していることを翁長知事や沖縄県民は理解しているのだろうか?

 我が熊本県にあと5,000億円の予算が毎年上積みになって特別会計の国防予算まで回ってくるなら、天草先端の過疎地域に米軍基地を持って来れば、長崎~天草~鹿児島を一本線で繋ぐ海上の高速道路を建設することも十分可能だ。
 沖縄県一県に多額の税金をつぎ込んで文句ばかり言われるよりも、そうすれば九州全体が爆発的な活性化をすることは間違いない。
 各都道府県は沖縄県の甘え体質に釘を刺すべきではなかろうか。

平成29年3月8日(水)
 森友学園は調べれば調べるほど不可解なことが明らかになっているものの、マスコミや野党側の動きは相も変わらず安倍首相を引き下ろすための印象操作の域を出ない。おそらく関わった政治家は他にいるのだろう。
 しかし、学校や社会福祉法人などにおいて叩けば埃(ほこり)の出ない施設は一つもないのではなかろうか。
 現在本紙が調査中の熊本市が認可した施設においても不可解なことばかり。そろそろ記事にする予定だ。

 いつの時代も表に出たことで右往左往するが、本当は陰に隠れていることの方が断然多い。
 表に出る場合は利害関係が生じる同業他社の密告によるものが大半を占めるので表裏一体の面がある。反面、影に隠れているものには必ず弱い立場の被害者がいる。
 そんな被害者にどうやって光を当てるかが月刊ポリシーの報道スタンスでありたい。

平成29年3月9日(木)
 WBCで韓国の一次予選敗退が濃厚になった。前回前々回と日本に対する露骨な嫌がらせを行ってスポーツマンシップの欠片もないチームだから当然の結果だろう。
 いくら勝負は時の運とは言え、井の中の蛙のパフォーマンスでは長続きしない。

 北朝鮮や中国共産党の工作員でもある福島瑞穂(社民党)が森友学園で教育されている教育勅語の是非を稲田防衛大臣に問うたが、稲田大臣は毅然とした態度で教育勅語の正当性を説いた。
 この殺伐とした現代社会にこそ教育勅語の精神は必要だと私は思う。森友学園の個別具体的な疑惑と教育勅語の崇高なる精神を一緒たくりにしてはならない。

 戦後における教育勅語の排除と失効はGHQの占領下を経てGHQによる一方的な命令によって国会議決させられた国辱行為であって、教育勅語を批判することはGHQのポチでしかない。
 そんなことを後生大事に守っている方が間違いで、北朝や中共の工作員でありながらGHQのポチを演じる福島瑞穂は国外退去処分にするべきだ。

平成29年3月10日(金)
 昨日は10時間の爆睡。歳をとると精神的疲労がこたえる。
 東北震災から6年を過ぎ、仮設から出ていかなければならない被災者が不平不満を言っているが、6年間も仮設に入所できていたことを感謝する者はいない。
 加えて損害賠償請求などの民事訴訟が相次いでいるが、結局は「もっと金をくれ」と言っているだけで、弁護士の金儲けに歯止めが利かない状態。

 こんなことを書くと被災者の気持ちが分かっていないと批判されるかもしれないが、天地天災において日本ほど迅速に住民生活への援助を行う国はないのに、そこに感謝することはせずに、もっと金を欲しいから批判するというのは朝鮮人と変わらない。

 東京電力の不始末は許されざることなので、会社資産を全て売り払って被災者に保障をすることで『倒産』させるべきなのに、東京電力が倒産しないから金銭闘争の裁判が終わらない。
 まるで水俣病(チッソ)の二の舞だ。

平成29年3月11日(土)
 南スーダンから自衛隊が引き上げるのを、日本のマスコミと野党が一緒になって「治安が悪化したからではないか」と政府を追及しているが、仮にそうであったとしても国家として「はいそうです」なんて言えるはずがない。いや、そんな卑怯なことは口が裂けても言えない。
 彼らは日本国を世界の恥さらしにしたいのだろうか?

平成29年3月12日(日)
 机上が書類で散乱。お客さんが来たので慌てて片づけをしたら大切な書類がどこに行ったか分からなくなった。
 丸2日かけてようやく見つけたが、このように書類を探す行為が書類を整理することになるとは皮肉なものだ。

平成29年3月13日(月)
 WBCのオランダ戦は良く勝った。序盤は乱打戦で一喜一憂していたが途中で寝てしまったので朝方ネット検索して一安心。
 しかし、このまま全勝優勝ってことも難しいだろうから、どこかで早めに1敗しておいたほうがいいのじゃないかとも心配する。それでもオランダに勝ったのは大きい。おめでとう。

 韓国の混乱ははた迷惑なことで、新大統領候補の筆頭は森友学園とは比べ物にならないほどの『超ょ~反日者』のようだ。
 それなのに日本のマスコミは口をそろえて「韓国との話し合いが重要」だと言う。この場合の話し合いとは日本側が譲ることを前提にしている。

 森友学園の補助金詐欺の疑惑は徹底解明しなければならないが、ちょっと形は違うものの日本を愛する愛国者を護送船団で糾弾しながら、反日者には話し合いを求めるって本末転倒で矛盾しているんじゃないか。

平成29年3月14日(火)
 昨年12月26日に菊陽町議4人が記者会見まで開いて「月刊ポリシーを名誉棄損で民事訴訟した」と発表してから78日後の昨日、ようやく訴状が届いた。何ともお粗末なことだ。
 彼らの弁護人は西清次郎弁護士(中央区上通り)、田中裕司弁護士(南区春日)、村上雅人弁護士(中央区京町)の3人のようである。

 3人もの弁護士をそろえて記者会見から78日間もの異例な時間をかけておきながら、訴状内容は素人にでもできるような手抜き訴状弁護士の程度が知れる。
 こんなに程度の低い連中と裁判するのは憂鬱だが、反論だけはしておかないと彼らの嘘がすべて認められてしまうのが弁護士商売を優先する日本の腐った司法制度なので粛々と反論だけはしておこう。
 裁判経緯は逐次報道をするが、それとは別にして渡辺裕之議長一派の犯罪は継続して糾弾していく。

平成29年3月15日(水)
 稲田防衛大臣が虚偽答弁をしたと?虚偽答弁とは違うと思うが、公務ではない私的記憶が間違っていたと謝ったのだから厳重注意くらいでいいんじゃないか。野党の言葉狩りにはうんざり。
 こんな屁のようなことで大臣辞任を求めるのは、おめでたくも平和ボケした日本くらいだろう。

 リクルートのような優良企業から政治献金の申し出があったなら政治家は皆喜んで受けるだろうが、リクルートの贈収賄事件が発覚したら政治献金を受けていた政治家が一斉に悪人扱いされる『偽善』に似ている。
 森友学園の不正問題が明らかになって、そんな森友学園と付き合うことが好ましくないと判明した時点で決別すれば何も問題はない。

 森友学園と安倍首相の思想をリンクして『右傾化』を非難する新聞テレビの洗脳報道があるが、右翼より左翼の方が数段に悪質なのは中国共産党や北朝鮮を見ればわかる。
 右傾化の非難は「左傾化しろ」と同義語である。
 しかし、どうして日本の新聞テレビが左翼の批判をしないのか?それは日本の新聞テレビが左翼そのものであるからだ。

平成29年3月16日(木)
 様々な役所に行って世間話をするのが私の仕事だ。今ではプライベートなことでも腹を割って話をしてくれる役人がたくさんいることが大きな財産である。
 最近よく耳にするのが熊日新聞記者による傲慢な態度とデタラメ記事への嘆きだ。確かに私も納得する。

 熊日新聞では各市町村ごとに総局や支所を構え盤石な取材体制があるにもかかわらず記者会見などに顔を出すだけ。
 ところがその記者会見や役人からの説明に対して、正確な報道をせずに、真逆の解釈を勝手にして記事にしてしまうから役人たちも困り果てている。
 「そのうえ態度がデカいんですよ。腹が立って仕方がない」と怒りを表す役人も少なくない。

 「ポリシーさんの記事は強烈過ぎますが確かな取材に基づいて勉強されていることは私たちにも理解できます。でも熊日新聞は表面上の取材しかしなくて私たちの真意をまったく無視するんです。無視だけならまだしも、結果的に熊日報道は事実と違ってしまうのです。それを市民が信じてしまうから困るのです」
 背中がかゆくなるようなお褒めの言葉。亡き母が口癖のように言っていた言葉が「人の振り見て我が振り直せ」、熊日新聞記者のようにはならないように自らを戒めたい。

平成29年3月17日(金)
 森友学園の籠池理事長。彼が今まで言ってきたことや教育方針については賛同する面も一部にはあるが今回の発言はいただけない。
 安倍首相が寄付をしたそれが事実でも否でも、自分の趣旨に賛同して寄付された大恩ある人物を曝し者にする行為は人間じゃない。義理人情の欠片もない悪党だ。
 加えて、彼の思想心情や発言からして国賊ともいえる野党(共産党や社民党など)は真逆にあって敵対する側なのに、ありがたくも寄付して頂いた味方側の情報を敵に売り渡すなんて、もはや彼の愛国精神なんて信じられるものではない。

 野党側が追及すべきは森友学園の『不正』であるのに、籠池理事長が嘘か真か違法でも何でもない善意の寄付者の名前を一方的に出したらヘコヘコ籠池理事長の自宅にまで足を運んで、籠池泰典という犯罪者?に頭を下げる野党姿の情けないこと。

 私が政治家でお金に余裕があって、従来の森友学園に対する認識であったならば私も純粋に寄付して支援したいと思う。
 しかし、森友学園がいかに素晴らしいものでも、籠池理事長の正体がここまで明らかになったならば即刻手を引く。今後は関わりたくないし、過去に関わったことを恥ずかしく思う。
 それでいいんじゃないか。

平成29年3月18日(土)
 熊本県議会の議長に岩下栄一氏が選任されたが、彼の波乱万丈の政治生活は自己中心的な自業自得で熊本県を混乱させただけで、もはや終わった人間である。過去の遺物と言ってもよい。
 県議会もサラリーマン化して年功序列にでもしたいのか?
 信念の欠片もなく微風でも簡単になびく風見鶏の老害を議長に選任する自民党県連には幻滅しかない。

平成29年3月20日秋分の日
 選挙のたびに怪文書が出回る。下ネタや選挙目当ての知能が低いゴロ新聞もいる。それで食ってこれたのが熊本県の不思議なところ。
 でも、もうそんな時代じゃない。市民の側も多くの情報の中から情報を選別できる時代になって、盲目の派閥選挙には左右されずに「何が本当のことか」は自分で判断できるようになった。

 候補者の側もその時ばかりの怪文書やゴロ新聞に右往左往することなく毅然とした態度で選挙に挑んでもらいたいものだ。

平成29年3月21日(火)
 仕事柄、市町村の議会を多く拝聴する。
 熊本県内各市町村によって特徴があり議事進行も微妙に違うが、誠に失礼だが程度が低くて、選挙演説の域を出ない自己満足の質問ばかりで、一般質問と質疑の区別さえついていない議員がいることに落胆する。
 百条委員会も何度か拝聴させて頂いた。さすがに百条委員会となれば地方議員でもそれなりに勉強をしていて、満足とは言えないまでも各議員なりに追及根拠というか独自で手持ちの証拠などを示しながら尋問を行っている。

 ところが、日本最大都市である東京都の百条委員会は我が熊本県の地方議会よりもお粗末極まりない。
 尋問時間が限られているからこそ尋問者が協調(事前調整)して確信を突いた一点突破でなければならないのに、都議会の単なるセレモニーでしかなかったことは国民全体が幻滅したのではないだろうか。
 都議会の程度は地方議会にも劣るということが判明しただけの百条委員会であった。

平成29年3月22日(水)
 中国が日本の食品が放射能に侵されているから輸入禁止などと因縁を吹っかけて、ブラジルの食肉も輸入禁止にしたが、世界一危険な食品を野放しに輸出しているのは中国側ではないのか
 いかなる食料品でも中国側が輸入禁止にする資格はない。

 これから春先にかけて花粉症に悩まされる日本国民は多いと思うが、自分が花粉症だと思っていた本当の原因は、この時期にシナ大陸からの偏西風で大量に日本へ運ばれている『PM2,5を含む毒素』が関わっている事実を知らされていない。マスコミはこの事実を皆が隠している。

 現代において水俣病を申請する者は、本当は中国からの毒素に侵されている可能性の方が大きいけれども、中国からは金が取れないから、正確な化学的検証を行わずに可能性さえあれば皆が水俣病なんてことは間違っている。
 中国が我々日本人の健康を妨げている事実から目をそらしてはならない。 

平成29年3月23日(木)
 私の信条において基本にあるのが『そもそも論』である。
 例えば学校の先生が生徒に体罰を与えたとして、体罰に対する批判報道よりも先に、何が原因で体罰に至ったのか?こちらの方が重要だと思う。ただ、殺人やテロといった凶悪犯罪に関しては結果論で裁かなければならないことは言うまでもない。

 今日国会で証人喚問される森友学園の籠池理事長を見ていると、不可解な土地売却問題と不正補助金や不正建設(産廃)問題という「そもそもの疑惑」が置き去りにされて、嘘か真か疑わしくて、どうでもいいような寄付金問題をクローズアップしていることは詐欺師の思うつぼではないだろうか。
 一般市民でも首相でも同じである善意の寄付金を問題にするとすれば、寄付者の名前を勝手に利用して金集めに奔走した籠池夫婦の責任を追及することが『そもそも論』である。

 月刊ポリシーでも著名な会員様がおられるが「●●さんが会員になっています」なんてことは口が裂けても言わない。
 自分の信念で行うことに、会員様の名前を出して会員募集するなんて卑劣な行為は絶対にしない。もっと言うなら、各種議員または首長や公務員から会員申し込みがあってもキッパリお断りしている。
 籠池ファミリーには私の爪の垢を煎じて飲ませたい。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

>「日の丸は世界の中心で日本が世界征服を企むための旗で、君が代は天皇統治の歌である」

…という意見、思想を持つのは、それは思想・良心の自由ですから、かまわないと思いますし、尊重します。私の意見とは異なりますが。

でも、それなら何故「国旗国歌法を改正する」とう方向に働かないのかは、さっぱり理解できません。

Re: No title

> >「日の丸は世界の中心で日本が世界征服を企むための旗で、君が代は天皇統治の歌である」
>
> …という意見、思想を持つのは、それは思想・良心の自由ですから、かまわないと思いますし、尊重します。私の意見とは異なりますが。
>
> でも、それなら何故「国旗国歌法を改正する」とう方向に働かないのかは、さっぱり理解できません。

:::ご意見ありがとうございます。
 思想信条の自由は日本だからあるのです。日本という国がチベットのようになくなったら思想信条の自由はありません。この幸せを日本人として再認識するべきだと思います。
 この日本人としての幸せを一番享受している連中が反対闘争をするのですが、なぜ国旗国歌法を改正するという方向に向かわないかと言えば、水俣病訴訟を国家賠償法で国に対して告訴しないことと同様に『金』にならないからです。加えて勝ち目もないことからニュースにもならないのです。
 ニュースになるためには民事訴訟で原告の「心情」を世間知らずのバカな裁判官に認めさせることが最大のパフォーマンスなのです。
 結局、その程度の連中です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

>  おっしゃるとおりです。日本の長者番付を見れば、在日の金貸しだとか、右から左に金を動かすだけの商売をしてる人ばかりです。本来なら「ものづくり」の人たちがまっとうな報酬を得るべきです。安いからとシナや朝鮮製を買っていると日本から職人が消えてしまいます。


本当ですね。『職人』とは日本独自の文化です。職人が日本で飯が食えなくなって朝鮮やシナにヘッドハンティングされている現状は日本の危機です。いつもコメントありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> なでしこ本当にすごいです。おめでとう!
> まさに忍耐力の勝利だと思います。フェアプレー賞も併せて受賞!まさしく正々堂々・威風堂々の優勝です。
> 個々の体格・技術で劣るなら、運動量と組織力で凌駕する。日本も国土も資源も無いなら、労働と知恵そして組織力で富国をする。
> いまの日本人が忘れていたものを教えてくれたなでしこでした。

~『富国』…良い言葉ですね。日本人は漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字・英語などを使い分けることができる世界一優秀な民族です。スポーツでも常に根性とフェアープレイです。自虐史観から抜け出して自信を持つべきですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こちらこそ

> 祝日と祭日の意味があるが、国民の休日としてまとめられたというのを最近知りました。
> こうして解説して下さると大変勉強になります。
> ただの休みではなく、歴史と意味のある大事なお休みなのですね!
> これからも楽しみにしています。

…祝祭日の記事で「勉強になります」と言われると恐縮してしまいますが、理解をしていただけた方がおられることは大変嬉しいことです。こちらこそありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 中立の立場で書き込みますが、業者が一方的に悪いのでしょうか?
> 入札前に提示された機能と、入札後の仕様打合せで、最初に提示された機能に書かれていない仕様を要求され、お互い譲れなかったのが原因と聞いています。
> 業者は、過去の導入実績を踏まえ適正な価格を提示したと思います。
> 当初の要求機能を大きく超える機能要求で、市側にも責任があると思います。
> 業者側は期限に間に合わないと判明した時点で、自ら開発を辞退すべきだったと思います。
> 当初予定通り、新システム稼動させることが出来なかった点で、市と業者、半分半分の責任ではないでしょうか?


>>>ご意見ありがとうございます。
 業者側は機能開発のプロです。行政は無知です。入札後に条件を追加提示されることなんて本件に限らず山ほどあります。それを「できる」と業者は言ったのです。できなければ、その時点で業者は拒否するなり契約解除を申し出ればいいことです。

 それから契約以前の打ち合わせや仕様書を見て業者側は行政側の不備(機能要求度合い)に気づいていたはずです。だったら打ち合わせ時に業者側から指摘して不備を回避するべきです。
 それができないような業者・・・または、分かっていながら「あとで補正予算を組ませて、もう一儲けしよう」と考えている業者・・・将来的に信用不可な業者などを判別することも総合評価方式の重要な仕事ですから、そういう面では行政側(審査会)の責任は免れません。
 と、私は思います。
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 宮本武蔵も同じ!

> 宮本武蔵の独行動二十一箇条の中に、
> 「十九 仏神は貴し、仏神をたのまず」
> 仏神は崇信するが、その加護に頼むようなことはしない)」
> という言葉があります。
>
> 宮本武蔵も貴殿の見解と同様と思われます!


>>>いつもありがとうございます。
 そうです。日本人なら「仏神」なのです。そして、仏も、神も、人の心の数だけ存在するのです。
 どちらか片方に偏ると周囲が見えなくなります。
 片方に偏ったうえに、その中でも他神を寄せ付けない信心は危険だと思います。
 
 しかし、挫折や失敗をした人は、自分を否定するものを排除して、自分に同調してくれる一つのものだけにすがりたがるのです。

 そうすれば嫌われて誰も寄り付かなくなるから、後々自分が間違っていたと気づいても「来なくなる奴は友人ではない。今来てくれる人が神が導いてくれた人たちだ」とひねくれた理論武装を必ずします。

 それは完全な甘えであり、逃げ(現実逃避)なのです。友だからこそ気づいて欲しいのですが・・・。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> ひさしぶりにコメントいたします。寒いですね?!お体に気をつけて新年をお迎えください。
> 話は変わりますが、私の友人にも宗教にはまっているのがいます。本人と話すと激論?!口論になりますので、覚めるまで待とうと思っています。
> 「信者」という漢字は繋げると「儲」となります。宗教は儲かると、先人も思っていたんでしょうか・・・

>>>コメントありがとうございます。確かにそうですね。
   覚めるまで待つ・・・賢明というか、それしかできないですよね。
   それでも、喧嘩してでも間違いを指摘していますが、友人はあくまで他人です。
   私は家族に「人の振り見て、我が振り直そう」と言っています。
        今年よりもより良い新年を迎えられますように・・・。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 阿蘇市長の成人式の祝辞が、テレビや新聞で全国に報道されたことで、熊本県民として、熊本や阿蘇の宣伝になったと喜んでいるひとりです。
> 阿蘇市長、元気があっていいと思いますが。


・・・私もそう思います。
 佐藤義興市長のパフォーマンスは「必ず中央マスコミが阿蘇に来る」と踏んでいたのです。そして、市長自身がテレビ報道されることで霞ヶ関との交渉がスムーズにいくための『戦略』があったのです。これだけでも熊本県と阿蘇市への経済効果は計り知れないものです。

 それに、阿蘇市の成人の顔も全国放送されるなんて楽しいじゃないですか。

 ただ、そのパフォーマンスが市長の仕事と実績を伴わないものであれば批判されても仕方がないでしょうが、阿蘇市住民で少しでも市政や政治を勉強すれば、市長の実績は理解できると思います。

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 阿蘇市長に対する見解に同感です。
> 経済効果や阿蘇市の知名度アップのために、自らがバカのフリをしていると思います。
> 利口ぶってバカのフリもできない自称有識者(偽善者)こそ、本当のバカではないでしょうか?

・・・そうそう、本当のバカは利口ぶって、本当の利口がバカの振りができるのです。
 阿蘇市長に関しては、ああ見えてかなりの「策士」ですからね。
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 君が代を裁判で争っている教師は「教育の自由を」と言ってますが、子どもたちに「自分の勝手な思想」を押し付けているだけです。
> 自分たちの金銭と労働協議のために、生徒を自習させて組合活動している日教組は、聖職者とは言いません。
> 国を破滅させる売国奴です。
> 「日本国」が嫌なら中国でも朝鮮でも行って活動すれば良いとおもいます。

>>>本当ですね。
でも、RONさんのような意見が役所や議会や地域の寄り合いで出てこないのはなぜでしょう。
私と話す人は多くの方がRONさんと同じ意見なのですが、日教組やその他労働組合、例えば役場の自治労に対して、面と向かって表面では誰も言いません。
 「偽善者」「国賊」「工作員」・・・本当のことですから、いつでもどこでも、奴等をじゃんじゃん罵倒するべきです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 日の丸を背負って戦ってることを忘れているように思います。
> 試合内容もカッコばかりつけて、何がなんでも勝つという精神力はシリアのほうが上だと感じました。
> 国内情勢が不安定なシリアなのに選手たちは頑張ってるなぁと関心しました。
> タレント世代とかマスコミは持ち上げますが、まだまだアジアで苦戦するくらいですから、レベルが知れてます。

>>>今朝の新聞で日本が負けたことを知って「やっぱりな」と思いました。オリンピックでは試合前にどうして国歌が演奏されるのか?平和ボケした日本人は考えたこともないでしょう。国(国家)が無ければ国際試合に出場することができないことも分かっていないでしょう。
 ルールを守って戦争があるように、スポーツでも正々堂々と戦う前に、自国と相手国を認め合うことが試合前の国家演奏です。
 国際社会で一番大事なものは『公心』ということを分かってほしいものです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 政局が不安定なので、衆議院選挙があるかもですが、その時はぜひとも下記の公約を掲げる政党が出てくることを望みます。9割私の願望ですが・・・
>
> ①在日外国人に対する生活保護等の支給停止
> ②在日朝鮮人の通名の禁止と朝鮮への強制帰国事業実施
> ③朝鮮学校の廃校と朝鮮総連の撤去
> ④国連に対し竹島を南朝鮮が不法占拠していることを提訴
> ⑤在日の参政権付与禁止
> ⑥靖国神社へ毎日閣僚の1人が交代で参拝
> ⑦日教組の解体および日教組組合員の教員免許の剥奪
> ⑧シナへの円借款の強制返金
> ⑨パチンコを違法ギャンブルに認定
> ⑩自衛隊を日本国軍とし志願型徴兵制を導入
> です。


....RONさんの希望を公約として挙げている政党が一つだけあります。
  それは、『維新政党 新風』です。
  政党としてはまだ開発途上ですが、頑張っています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 光市母子殺害事件の死刑は当然の結果です。
> 未成年だろうと人の命を奪ってしまたなら自分の命で償うのは当然です。
> 人権派とかいうエセ偽善者は一度自分の家族が犯罪に会えば死刑廃止とか言えなくなるはずです。
> 死刑判決がでたのだから、法務大臣はは3ヶ月以内に執行すべきです。死刑の印さえ押す勇気がないなら大臣になるなと言いたいです。


・・・その通りですね。
 人権というのは、他人の人権を尊重してこそ与えられるものです。
 他人の人権を命ごと抹殺しておきながら、自分の人権を主張するのは間違っています。
 「人権派」という言葉自体が他人の人権を無視しています。
 ただ、警察と検察と司法は独立していなくズブズブの関係で、司法(法律)が完全無欠の正義ともいえないので、国家権力による『冤罪』だけは防がなければならないと思います。

 RONさんの意見(本音)が国民の大半を占めていると思うのですが、熊日新聞は少数意見を正義であるかのように強調して報道します。それは、ニセ水俣病をまったく報道しないことと同じだと思います。
 そういった新聞社側のイデオロギーを理解した上で新聞を読むことが、洗脳されないための自己防衛手段だと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 最近は、何かあると国が悪い行政が悪いと言う輩ばかりです。ストーカー殺人が起きれば警察の捜査がと言い、子供が学校で怪我をすると学校の施設管理が悪いと言う始末です。
> 昔は、社会的弱者というのが子供や高齢者でしたが、最近は仕事ができるのにしない無職を弱者扱いしています。生活保護ももらわないと損という考えです。
> 日本人はいつから恥じらいの精神を忘れたのでしょうか?日教組や偽善者市民団体が「人権人権」と言ってそれを大々的に扱うマスコミが現在の日本人を作ってしまったのだと思います。


...その通りですね。ですが、多くの日本人は恥じらいの精神を忘れていないと思います。
 日本人と同じ顔立ちをした第三国人が、日本国中にわんさかいて、そいつらが…、そいつらの二世三世がずるがしこいことばかりしているのだと思います。

 そんな連中が日本国の国会議員や地方議員、弁護士や裁判官、公務員、大学教授、マスコミ等々、ありとあらゆるところに潜入しているので『日本の文化道徳』が置き去りにされているのです。
 本当に困ったものです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 私も昨日の熊日を読んで怒りをとおりこして吐き気がしました。熊日70周年の記事がこれかと思うと落胆するばかりです。
> 死刑がいかにむごい行為であるかということを、弁護士と元検事が語っていましたが、残忍で卑劣な殺しかたをした加害者(犯人)が、死刑でどんなにむごい姿になろうとそれは「因果応報」です。人の一生を奪ったのだから当然の報いだと思います。
> 熊日も死刑廃止論者の意見ばかり載せず、被害者の意見も載せるのが公平な報道ではないでしょうか?
> 弁護士と元検事は家族が殺されても、犯人に対して死刑を望まないということですよね?
> 殺された遺族のほとんどが、無期懲役ではなく死刑を望んでいます。そのことからも、遺族の苦しみを少しでも和らげることができるとするなら、死刑制度は必要です。
> 廃止するならば、遺族にたいして「あだ打ち」を許可するべきと思います。

・・・>>先月号(3月)にも書きましたが、死刑廃止を叫ぶ連中は自分の家族や関係者が殺されたときだけ「死刑反対」と言えばいいのです。それで無期懲役や無罪になったとしても私には関係ありませんから一向に構いません。そのかわりに、釈放された犯罪者が、また何らかの犯罪を犯したら死刑反対を言った連中も同罪とするべきです。

 しかし、被害者遺族が死刑を望んでいるのに、弁護士や評論家などの『赤の他人』が口を出すべきではありません。「いらん世話」をもっともらしく言うことでしか飯が食えない連中が、熊日新聞に利用され、利用しているだけだということを賢明な市民は理解して欲しいと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> (ウィキペディアより)
> 石原慎太郎東京都知事は、2010年(平成22年)10月24日放送の『新報道2001』にて、過去に尖閣諸島の一部を購入したいと考え、埼玉県内の所有者に相談をしたが断られたと語った。その所有者は大地主だったため、戦中や戦後に土地を政府に没収されたり、削られたりしたために行政や政治を信用できないとし、島は自分達で守り、絶対に売らないとしている。なお、石原と現在の所有者とは、石原の亡くなった母を通じてのつながりがあったために面談できたが、その事実が所有者に分かる前は「政治家には一切会いたくない」と門前払いされたという。
> その後、所有者は、「本来土地というものは、先祖代々受け継がれるもの。私が所有者である限り、あの島は日本の領土です。外国企業からあの島を350億円で売却して欲しいと言われたが、断りました。もし仮に私の子孫が途絶えても、その時島の所有権は日本に移る。あの島は永遠に日本の領土です。」と答えた。
>
> なぜ、こんなすばらしい日本人がいることをマスコミは報道しないのでしょうか?
> 「都民の税金で買うな」と言うなら、私は「ふるさと納税」を東京都にします。こんなすばらしいことに使ってもらえるなら喜んで寄付もします。
>  本堂さまがおっしゃるように最近の熊日は偏向報道がひどいです。朝鮮やシナに媚へつらうマスコミなんていりません。


>>>本当ですね。こういったことを報道するのが報道人の務めです。所有者が朝鮮人やシナ人だったら必要以上の日本批判に利用するのが新聞社です。
 現在の新聞社の「正体」を今月号で暴露していますので参考にしてください。とにかく熊日新聞は信じられません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: Re: 原発は人類が手にした第二の火です。

> > いつも拝読しております。
> >
> > 福島事件で世界中で原発は安全だと認識を新たにしたからこそ建造ラッシュに舵を切ったのだと考えます。事故ではありませんでしたから。
> >
> > これからの日本は既存の原発を最新の技術を導入した世界で一番安全な原発に更新しながら、老朽化した資材や廃棄物をそれぞれの原発敷地内で埋設処理して自己完結していけば良いんです。
> > 世界を導く日本であるべきです。文殊にも期待します。
> > 原発メンテナンス技術も金になるとおもうんですが。一大輸出産業ですよ。三番目の核爆弾は日本こそ持つ権利があります。
> >
> > 明日、尾田さんがポリシー最新号を持ってきてくれます。
> > 常連一同心待ちにしております。


・・・お久しぶりです。常連様がいらっしゃることの感謝します。おっしゃるとおりで「一大輸出産業」ですよね。このことをどうしてマスコミは報じないのでしょうか。
 ただ、福島原発事故はいただけません。原発賛成推進者の私でも怒りを覚えます。それにもまして中国共産党に操られた原発反対の大合唱には怒りを通り越しています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 安倍晋三氏が、自民党の総裁になったことで一安心しています。
> シナや朝鮮が、安倍氏の事を嫌っているということはそれだけまっとうなことを言う人物なので、警戒している証拠です。
>
> 尖閣が大変なときに、悪法と言われる「人権擁護法案」を、どさくさに紛れて閣議決定するような野田政権は、早く解散すべきです。
> 最後っぺで、「外国人参政権」の法案を提出するのではないかと危惧しています。
>
> 日本国の国益を一番に考え、自らを犠牲にしてまでも、日本国の繁栄の礎となる政権が誕生することを期待します。

…RONさん、お久しぶりです。
人権擁護法案は悪法というよりも「共産国の法律」です。エセ市民やプロ市民が横行する現代において、シナ人や朝鮮人に対して文句を言えば日本人が粛清されるものですから言論の自由さえありません。

やっぱり憲法改正が第一義です。
日本が独自に原爆を保持して、強力な軍隊(自衛隊)を構築することによって、すべてのアメリカ軍にも出て行ってもらい、シナ人や朝鮮人にも勝手なことは言わせない健全な日本国家を私は望んでいます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 「南京大虐殺」しかり「慰安婦問題」しかり、朝日の捏造記事にはじまり、今もなお日本は、それに苦しめられている。
> 朝鮮人の手先機関で、国益に害をなす朝日新聞は、即刻営業停止と放映権の剥奪をすべきです。
>
>  今回の橋下市長の件で、まったく動かない部落開放同盟って何なんでしょう?
> 個人の人権侵害どころか、被差別部落地区を特定するような記事を掲載しているでしょう。
> いつもは、すぐに糾弾会なるものをするのに・・・社会党系の団体だからでしょうか?


>>>お久しぶりです。
 被差別部落問題は確かに存在しているし、不当な差別は許されないことですが、『部落開放同盟』という恐喝団体と朝日新聞は一蓮托生ですからね。両方とも『金』にならなければ動きません。

 例えば、橋下市長が被差別部落出身でも在日であったとしても、日本人として日本の文化道徳を大切にする者であれば、その人物を認めるのが日本人の良いところです。
 しかし、姿形は日本人の格好をしていても実際はシナ人や朝鮮人であったり、日本人でありながら日本を貶める言動をする奴らがいることは嘆かわしいものですね。
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> いつも読んでます。

ありがとう。頑張るからね。久しぶりに『君』からコメントが来たから今日はハッピーかな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> いつも拝見してます。
> これからもずっとポリシーを応援し続けますので、頑張って下さい。


はじめてのコメントありがとうございます。
好き勝手の月刊ポリシーですが、ご期待に沿えて光栄です。
このような方が一人でもいるだけで頑張れます。
今後ともよろしくお願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 田中です

> 1V6RT099
> こんばんわ、毎度おなじみの田中ですが、
> 今回も耳寄りな情報を…
> http://x2057m7v.tanakasan.info/x2057m7v/


大変申し訳ありませんが、礼を失した意味不明なコメントには対応いたしません。
 月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: はじめまして

===いやぁ~、山鹿の人ですか。ありがとうございます。
世の中は『偽善』ばかりで、本当のことを言う人が嫌われる傾向にありますが、それなら徹底的に嫌われようと思ってはじめた月刊ポリシーです。そのためには、人に負けない信念を貫けるように、一生懸命勉強をしなければなりません。
「さくたろう」さんも濱田大造に反対理由を質問して、おし黙らせるほどの確固たる『信念』を持たれている方だと思い、うれしく思っています。
我々の活動でブログは付録のようなものですが、一人でも多くの人が「なるほど、そういう見方もあるんだ」と思っていただければ、それが「本当のこと」を考えるきっかけになると思っています。
こちらこそ、皆さんのご意見を勉強させていただきながら頑張ります。
月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎


> 偶然このブログを見つけた山鹿人です。興味というかシンパシー感じすぎて過去記事も拝見させていただきました。
> どの記事も共感できました。それと同時にもどかしくもありました。
> 国政から市政、腐っている人間がタクトをふることを止めることが出来ない。せいぜい秘密保護法の反対集会を行っている民主党の濱田大造に反対理由を質問し、おし黙らせる位しかできません。
>
> 少し脱線してしまいましたが、今後も購読し勉強させて頂きます。
> 頑張って下さい。

Re: 購読希望

> 初めてコメント致します。当方荒尾市在住の会社員です。
> 勤務先に届いた月刊ポリシーを読んでから、毎日ブログを拝読しております。
> ところで、月刊ポリシーを購読したいのですが、お電話番号がわからず、このような形でのお尋ねになりました。
> 購読の申込みなどはできるのでしょうか。


コメントありがとうございます。
住所と電話番号はブログ内に掲載してあります。

まず、電話かfaxまたは封書において、そちら様の住所氏名を当方に知らせていただきますと、こちらから「新規会員様へのご案内」を郵送させていただきますので、その内容に同意いただいて、会費納入していただいた時点で会員登録され、月刊ポリシーを毎月郵送します。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: まじリスペクトポリシー

> 私ポリシーと言うものは
> 今日知り合いに聞かされ
> サイトを見てみましたが
> なんか好きです
> これからも頑張って下さい
> 応援します♡


嫌われることには慣れていますが、褒められると照れますね。
ご期待に添えますように頑張りますので、これからも応援をよろしくお願いします。

 月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

大変申し訳ありませんでした。
単純ミスですが、ご指摘を受ける今まで気づきませんでした。
今後も、いつでも、ご指摘やご意見を承りますようにお願いします。
  月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎



> いつも楽しみに拝見してます。私も韓国とは国交を断絶すべきと考える同士であります。 さて、本堂先生に物申すのは恐縮でございますが、9月4日のこのブログの記事、テレビ朝日系列の熊本のローカル局はRKKではなくKABでございます。もっと言うとRKKは熊日、TKUは西日本新聞、KKTは読売新聞がニュースソースとなります。今後、ジャーナリストを名乗るのであれば、この辺りは押さえて頂きたいところです。ともに日本の将来を憂う者同士、切磋琢磨していきたいものですね。朝日新聞のように誤報を誤報と認めない糞新聞のようにならないよう、今後の月刊ポリシーの発展を心よりお祈りいたしております。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

月刊ポリシーでは匿名情報は「怪文書」と考えていますのでご期待に沿えません。
それから、選挙の当落に本紙報道は関与しません。選挙のたびにくだらない記事を書くゴロ新聞らと一緒にしないでください。
   月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎

> http://kumanichi.com/news/local/main/20150325002.xhtml
> 是非、この蛮行市議を公の前にさらけ出し、民の力で落選に追い込まなければなりません。貴社の報道に期待します。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 気持ちが高揚しちゃってます!

ちゃんと伝わっています。
月刊ポリシーには政治の話から子育てや離婚話までさまざまな相談がありますが、出来る範囲で助言致します。
ただ、チョコさんのためにも秘密を伴う相談事はメールのほうがいいと思います。
   本堂一太郎



> ちゃんと書き込めていたらいいんですが大丈夫でしょうか?はじめての書き込みなので少し心配です(汗)

>

> あの…gpolicyさんの言葉にすごく引き込まれました、私は伝える作業が下手なもので心底羨ましいです!

> 自然と好きだなと思いました。

>

> 本屋さんでたまたま手にとった本がヒットだった時のような感じというのか(上手く言えずすみません)

> いまは幸運から見放されてしまっているかのように、泥沼にハマり込んで抜け出せない感じが続いてしまっていて…。

>

> だけどそんな今だからここに来れたのかもしれないで

> す。

> もし、もし良かったら私の悩み少し聞いてもらえないですか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> こんばんは〜〜!
> たまにほたる見てます。
> 風林も毎号見てます。家族の話が面白くてまた楽しみにしてます!
> 今度は末娘さんの話を聞きたいです。
> これからも体に気をつけてお仕事頑張ってください!


コリン星さん、お久しぶりっていうか、さっき会ったよね。
いつも見ていてくれてありがとうございます。

末娘のことですか・・・。
最近末娘が私に冷たいので書く事があるかなぁ?
まあ、考えておきます。

コリン星さんも肉をたくさん食べて頑張ってくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: お許しください

> 未だ、会費納めずすいません。
> 記事楽しみにしています。
> 娘さん 彼氏おめでとうございます。
> おやじは、娘に対しては複雑ですものね。
> 是非 寛容にお願いします。
> 会費すいません 今しばらくお待ちくださいお願いします。



わざわざコメントありがとうございます。
会費は自分で納得されてから、納得された時期に納入してもらえば構いません。
こちらから請求書などを送ることもしませんから安心してください。
今後ともよろしくお願いいたします。

      本堂一太郎

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 宗教勧誘

許せない話ですね。
ぜひ詳しいお話を聞かせてください。我々が責任を持って止めます。
それまでに創価学会の勧誘がしつこいようであれば「月刊ポリシーの本堂に相談していて、本堂の許可がなく勧誘には乗れません」とハッキリ言ってください。

それよりも娘さんの安全を確保することが先決ですから、まずは相談に来られてください。(相談料なんて不要です)
こころちゃんの親の件は私も承知していませんが、まずは娘さんが謂れなき迫害を受けないように全力で守ってやることが大切です。

一般市民が創価学会と戦うことには限界があります。行政も熊日新聞も警察だって何一つできません。創価学会と真正面から戦えるのは月刊ポリシーしかありません。
まずは娘さんを守ることを第一に考えて行動しましょう。

このコメント欄ではなく、封書郵送によって大まかな内容と連絡先を教えていただければ私が直接取材に伺います。
三つ子の魂百まで。こんな卑劣なことで幼い子供の心を傷つけてはいけません。
早々の連絡をお待ちしています。

 月刊ポリシー編集局長 本堂一太郎



> 地震直後から創価学会による宗教勧誘がひつこくて非常に困っています。
> 何度も訪れる方にお断りしているのですが…
> なぜか断る度に娘が泣いて帰って来るので心配です。
> 娘に事情を聞くと…知らない男の子にいきなりボールをぶつけられたとか…
> 知らない叔母さんに咳払いのような事を嫌みでされるなどと言います。
> 先日は友達と近所のドラックモリへおやつを買いに行ったところ…店員から怖い顔で後を追いかけられたと言っていました。
> 一体…なぜこんな事態になるのか…と思い…ドラックモリへは苦情を出そうにも証拠がありません…。
> もし…娘が創価学会からの宗教勧誘を断った事でイヤな思いをしているのならば…
> 過去に熊本では清水こころちゃんという幼い女児が熱心な創価学会信者に殺されている事件もあるので心配でたまりません…。
> あの犯人の親はその後熊本にずっといるのでしょうか?
メールフォーム
ご意見・情報・お問合せはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR